for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏、側近ヒックス氏の新型コロナ感染を確認 自らも検査

[1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日に行われたFOXニュースのインタビューで、自身の側近、ホープ・ヒックス氏が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたことを確認した。自身とメラニア夫人も検査を受けているという。

 10月1日、トランプ米大統領の側近、ホープ・ヒックス氏(左)が新型コロナウイルス検査で陽性と判定された。ブルームバーグの記者が1日、ツイッターで伝えた。写真は9月30日、メリーランド州のアンドルーズ空軍基地で撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

ヒックス氏は他の側近とともに、トランプ氏が大統領専用機で移動する際に同乗することがよくあり、オハイオ州クリーブランドで9月29日に開かれた米大統領選の候補者討論会や30日にミネソタ州で開催した選挙イベントにも随行した。

トランプ氏は「ヒックス氏は陽性だった」とし、自身とメラニア夫人が「自主隔離するのかや、感染しているかどうかは分からない」と続けた。

その後、ツイッターへの投稿で検査結果を待つ間は隔離措置を取ると表明した。

トランプ氏は11月3日の大統領選を前に、ここ数週間は国内各地を精力的に訪問していた。公衆衛生の専門家は、多数の聴衆を集めるイベントを控えるよう警告してきた。

トランプ氏は米国でこれまでに20万人以上の死者を出した新型コロナへの対応で批判を受けているにもかかわらず、自らの危機対応を高く評価している。

トランプ氏と周囲のスタッフは大抵、マスクを着用せず、トランプ氏はマスク着用を習慣にしている人々をこき下ろす発言も行ってきた。

ホワイトハウスでは一部記者を含むトランプ氏の周囲の人々が定期的にコロナ検査を受けているが、入場者全員の毎日の検温は数カ月前から行われていない。定期的に検査を受けている人々と受けていない人々との接触もある。

ホワイトハウスは声明でトランプ氏は「自身と自身を支える全ての人々、米国人の健康と安全を非常に真剣に捉えている」とし、コロナ感染予防のガイドラインをできる限り守ってきたとした。

ヒックス氏はトランプ政権でホワイトハウス広報部長を務めた後、民間に転じ、今年ホワイトハウスに復帰した。

*トランプ氏の発言などを追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up