June 28, 2018 / 4:30 AM / 22 days ago

コラム:米最高裁判事の後任人事、長期的な禍根残す恐れ

[ワシントン 27日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米連邦最高裁のケネディ判事が27日、退任を発表。トランプ大統領は後任に保守派の人物を選ぶとみられ、経済界は大歓迎しそうだ。しかしこの人事は長期間にわたって禍根を残す恐れを秘めている。

 6月27日、退任を表明した米連邦最高裁のケネディ判事の後任に、トランプ大統領は保守派の人物を選ぶとみられるが、この人事は長期間にわたって禍根を残す恐れを秘めている。写真は11日、ワシントンの米連邦最高裁(2018年 ロイター/Erin Schaff)

ケネディ氏は保守派ながら時にリベラルな判断を下すこともあったため、より保守的な人物に代われば、最高裁は経済界寄りの色彩がさらに強まるだろう。ただ、移民などの問題では企業の利益に反する決定が下される可能性もある。今週はトランプ氏の入国規制措置を支持する判決を下し、アップルその他のハイテク企業はこれを批判した。

最も心配なのは、ケネディ氏の後任人事を巡り醜い争いが繰り広げられることだ。

これは元をただせば民主党に非がある。2013年に上院民主党院内総務だったハリー・リード氏が共和党による任命阻止を防ぐべく、最高裁以外の人事については大統領の指名候補が単純過半数で承認されるよう手続きを変更したためだ。

2016年、民主党は代償を払うことになった。最高裁のアントニン・スカリア判事が死去し、オバマ前大統領がメリック・ガーランド氏を後任に指名したが、議会過半数を握っていた共和党の反対で任命が挫折したのだ。トランプ大統領の就任後、単純過半数のルールは最高裁判事にも適用されることになり、同氏が指名した保守派のニール・ゴーサッチ氏が上院100議席のうち54人の賛成で承認された。

上院における共和党の議席は現在51にとどまっており、ケネディ氏の後任を巡る争いはさらに激しいものになりそうだ。人口にかかわらずどの州も上院議員を2人出しているため、人口が少なく保守的なノースダコタなどの州の方が、人口が多くリベラル寄りのカリフォルニアよりも声が大きくなる。

 6月27日、退任を表明した米連邦最高裁のケネディ判事(写真)の後任に、トランプ大統領は保守派の人物を選ぶとみられるが、この人事は長期間にわたって禍根を残す恐れを秘めている。ワシントンで2月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

最高裁は言論の自由から中絶、銃所有などあらゆるルールの設定で決定的な役割を果たすため、海岸地域の民主党と内陸部の共和党との敵対関係がむき出しになるだろう。最高裁が経済界寄りになれば、投資家には幾分利点がもたらされるだろうが、法を大きく超えた余波がありそうだ。

●背景となるニュース

・連邦最高裁のケネディ判事は27日、退任すると発表した。退任は7月31日付けで、9人の判事ポストに1つ空席ができる。

・ケネディ氏は1988年にレーガン元大統領に指名された。保守的な判断を下すことが多いが、同性婚や人工妊娠中絶の権利保護を支持するなど、時にリベラル派につくこともあった。

・トランプ大統領は昨年、ニール・ゴーサッチ氏を最高裁判事に指名しており、ケネディ氏の退任により2度目の指名のチャンスを得る。

・オバマ前大統領は2016年、スカリア判事の死去に伴いガーランド氏を指名したが、上院を制していた共和党に同氏の検討を拒否された経緯がある。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

 6月27日、退任を表明した米連邦最高裁のケネディ判事の後任に、トランプ大統領は保守派の人物を選ぶとみられるが、この人事は長期間にわたって禍根を残す恐れを秘めている。写真は3月、米連邦最高裁前で中絶を巡りデモを繰り広げる人々(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below