December 19, 2018 / 4:18 PM / 5 months ago

米第3四半期経常赤字拡大、輸入増加で

[ワシントン 19日 ロイター] - 米商務省が19日発表した第3・四半期の経常収支の赤字額(季節調整済み)は前期から235億9300万ドル増の1248億1700万ドルだった。国内総生産(GDP)の2.4%に相当する額だ。市場予想は1243億ドルだった。輸入が急増し、赤字が拡大した。

経常収支は外国とのモノとサービス、投資の流れを示す。

商務省当局者によると、2017年12月に米議会が通した税制改革により、多くの米企業は海外留保資金を本国に戻した。企業が海外子会社から得る配当金と再投資収益から成る株式投資収益のうち、米国内での配当金・払戻金は927億2000万ドルだった。株式投資収益のうち再投資に回した額を大幅に上回った。

海外企業による米国への直接投資は1162億7600万ドルだった。前期は珍しく、海外直接投資が減少した。海外企業は当初、17年の税制改革の影響を判断しようとしていたほか、米国が主要な貿易相手国と通商政策で対立していたことが落ち込みの原因だったとアナリストらは言う。この日の統計は、こうした要因による海外直接投資への影響が薄れていることを示唆する。過去2四半期で海外企業は米国で約1150億ドル投資した。その前の2四半期の約1090億ドルから増えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below