October 1, 2019 / 9:56 AM / 16 days ago

米朝、10月5日に実務レベル協議開催 北朝鮮高官が表明

10月1日、北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、北朝鮮と米国が10月5日に実務レベルの協議を開催することで合意したと伝えた。写真は2018年6月、シンガポールでの首脳会談で握手する北朝鮮の金正恩委員長と、トランプ米大統領(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ソウル 1日 ロイター] - 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は1日、北朝鮮と米国が10月5日に実務レベルの協議を開催することで合意したと伝えた。

2月にベトナムのハノイで開催された首脳会談は、北朝鮮の核問題を巡る溝が埋まらず、成果なく終わった。

KCNAは、崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官の声明を引用し、米朝が10月4日に準備的に接触した後、実務級の協議を開催することで合意したと報じた。

崔氏は声明で「北朝鮮側の代表団は、朝米実務レベル交渉に入る準備ができている」とし「実務レベル交渉で朝米関係の前向きな展開が加速すると予想する」と表明した。

北朝鮮は最近、米国との実務レベルの協議に意欲を示すものの、米国はより柔軟な姿勢を示すべきとクギを刺している。

米国務省のモーガン・オータガス報道官は、米朝の当局者が「1週間以内に会合を開く」と述べ、米朝実務者レベル協議の開催を確認した。ただ詳細については明らかにしなかった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below