May 16, 2018 / 7:19 PM / 10 days ago

米4月住宅着工は3.7%減、建設許可1.8%減 市場停滞続く

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日発表した4月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比3.7%減の128万7000戸だった。用地や熟練労働者が不足する中、住宅市場が引き続き低迷していることを示唆した。市場予想は131万戸だった。

3月は当初発表の131万9000戸から133万6000戸へ上方改定された。

4月の建設許可件数は1.8%減の135万2000戸だった。市場予想の135万戸とほぼ一致した。許可件数は着工件数の先行指標とみなされている。内訳は、一戸建て住宅が0.9%増の85万9000戸だった。集合住宅は6.3%減の49万3000戸。

住宅着工件数は北東部と西部、中西部で減少した一方で南部は増えた。

内訳は、市場で最も大きなシェアを占める一戸建て住宅が0.1%増の89万4000戸だった。2017年11月に10年超ぶりの高水準となる94万8000戸となって以来、勢いが衰えている。

月々の変動が大きい集合住宅は11.3%減少した。

住宅建設は建材の値上がりや用地・熟練労働者不足が抑制要因となっている。

前日に発表された5月の住宅建設業者指数は好調だったものの、調査対象からは「木材費が過去最高水準に達しており、建設業者の利益に打撃を与えている。新規購入者に競争力のある価格で住宅を提供することが難しい」との声が上がっていることが明らかになった。

トランプ政権は17年4月に、カナダが針葉樹材の輸出に補助金を支給し、米国に不当に安く販売した結果、米業界に損害を与えているとし、カナダ産木材に輸入関税を課した。結果として住宅建設業者は住宅市場の深刻な供給不足に対応できず、売り上げの伸びが抑制されている。

第1・四半期の住宅投資は前期から横ばいと、17年第4・四半期の12.8%増から急減速した。

一戸建て住宅の完成件数は4.0%減。一方、建設中の一戸建て住宅は1.0%増と、08年6月以来の高水準を付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below