August 9, 2018 / 5:05 PM / 4 months ago

米卸売物価指数、7月は前月比横ばい 市場予想下回る

[9日 ロイター] - 米労働省が9日発表した7月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比横ばいで、市場予想の0.2%上昇を下回った。横ばいとなるのは7カ月ぶり。前年比は3.3%上昇(予想は3.4%)だった。

燃料、食品、航空運賃、病院外来診療などが下落。一方、ホテル、医薬品、病院入院治療、アパレル、自動車などは上昇した。

食品とエネルギー、貿易サービスを除いたコア物価は前月比0.3%上昇した。6月も0.3%上昇だった。前年比は2.8%上昇で、前月の2.7%上昇から小幅に加速した。

力強い労働市場と堅調な経済がインフレを押し上げているほか、輸入関税も価格への圧力となっているとみられる。製造業部門の価格上昇圧力は徐々に高まりつつあり、鉄鋼製品は7月に前月比1.6%上昇、前年比では12.4%上昇した。

米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注目するコア個人消費支出(PCE)物価指数は、食品とエネルギーを除いたコア指数が6月に前年比1.9%上昇。3月には2011年12月以来初めてFRBが目標とする2%に達した。

FRBは6月に続き、12月までにあと2回利上げを実施すると予想されている。

キャピタル・エコノミクスの米国エコノミスト、アンドリュー・ハンター氏は「製造業者は今のところ価格上昇の一部を吸収している」とした上で、「さらなる関税が予想され、設備稼働率も高い状況で、最終需要物価がさらに著しく上昇し始めるのは時間の問題だ」と見通した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below