August 8, 2018 / 7:11 AM / 9 days ago

米共和党、大接戦の下院補選に焦り 中間選挙になお資金必要と警告

[8日 ロイター] - 米オハイオ州第12選挙区で7日に実施された連邦下院補選で、トランプ大統領が応援に駆け付けた与党共和党の候補が民主党候補と大接戦となったことに共和党は危機感を募らせており、11月の中間選挙に向けてさらなる選挙資金の獲得が必要との声が出ている。

 8月7日、米オハイオ州第12選挙区で実施された連邦下院補選で、トランプ大統領が応援に駆け付けた与党共和党の候補が民主党候補と大接戦となったことに共和党は危機感を募らせており、11月の中間選挙に向けてさらなる選挙資金の獲得が必要との声が出ている。ウェスタービルで撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton)

補選は即日開票の結果、与党共和党候補トロイ・ボルダーソン氏が野党民主党候補ダニー・オコナー氏をリードしているが、得票差はわずか1700票前後(1%未満)となっている。まだ開票されていない不在者投票と暫定票の集計が終わるまでは勝者が確定しない。未開票数は8000票を超える。

トランプ大統領は4日夜に現地入りし、ボルダーソン氏の応援演説を行った。同氏が得票数でオコナー氏を上回ったことを受けて、トランプ氏はツイッターで、自身の応援演説により「状況が大幅に好転した」と自賛した。

ボルダーソン、オコナー両氏は11月の中間選挙で再び対決する。

7日には、ミシガン、ミズーリ、カンザス、ワシントンの4州で共和、民主両党が中間選挙の候補者を選ぶ予備選も実施された。

カンザス州知事選の共和党候補を決める予備選では、トランプ大統領が支持を表明している保守派のクリス・コバチ氏が現職のジェフ・コルヤー氏を191票の僅差でリード。まだ開票されていない不在者投票と暫定票の集計待ちとなっている。

オハイオ州補選で共和党と外部団体は選挙戦終盤にボルダーソン陣営に400万ドル強の資金を投じた。共和党の地盤である選挙区にこれだけの資金が使われたことについても、党内では懸念が示されている。

共和党のストラテジスト、ジョー・ブレッテル氏は「この結果を受けて、苦戦が見込まれる党候補者は資金提供者に電話して自力で資金を集めるか、別の仕事を探す必要がある。党は全員を助けることはできない」と語った。

共和党スーパーPAC(政治活動特別委員会)「議会リーダーシップ基金(CLF)」の幹部、コリー・ブリス氏は「今後は、共和党候補者が資金面で対立候補に劣っている場合、激戦区を制することは期待できない」と指摘。資金面で不利な共和党候補はもっと資金を集める必要があると訴えた。

今回の補選と予備選はまた、形勢不利な候補がトランプ大統領の応援で勝利に導かれるかどうかについて疑問を残す結果となった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below