April 10, 2018 / 5:06 PM / 10 days ago

米2月卸売在庫1.0%増、13年10月以来の大幅プラス

[ワシントン 10日 ロイター] - 米商務省が10日発表した2月の卸売在庫は前月比1.0%増加し、2013年10月以来の大幅なプラスとなった。

速報値の1.1%増から下方改定されたものの、依然として在庫投資が第1・四半期国内総生産(GDP)の押し上げ要因となることを示す底堅さだ。

1月は0.9%増加していた。

GDP算出に利用される自動車を除いた卸売在庫は2月に1.1%増加した。

在庫投資は17年第4・四半期GDPを0.53%ポイント押し下げる方向に働いた。第4・四半期GDPは年率で2.9%増だった。

4日に発表された2月の製造業の在庫は0.3%増だった。1月は0.4%増加していた。

2月の卸売在庫の内訳は、自動車が0.1%減。1月も0.1%減少していた。家具や木材、コンピューター機器は増加した。

同時に発表された卸売売上高は1.0%増と、1月の1.5%減から持ち直した。自動車は1.4%増。1月の0.3%増からペースが加速した。

2月の売り上げペースで在庫を使い切るのに必要な期間は前月から横ばいの1.26カ月。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below