March 6, 2018 / 3:31 PM / 8 months ago

景気見通し、貿易論争で変更せず=米ダラス連銀総裁

[6日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は6日、貿易論争を受け自身の景気見通しを現時点で変えるつもりはないと表明した。

CNBCに対し語った。現在、完全雇用かそれを上回る水準にあると指摘、失業率が今年4%を下回ると見通した。

年内3回の利上げという基本シナリオに変更は無く、連邦準備理事会(FRB)は速やかに政策引き締めに着手すべきとの考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below