Reuters logo
北米映画興行収入=S・キング原作「ダーク・タワー」初登場首位
2017年8月7日 / 02:01 / 4ヶ月前

北米映画興行収入=S・キング原作「ダーク・タワー」初登場首位

[ロサンゼルス 6日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、スティーヴン・キング原作のSF映画「The Dark Tower(原題)」が推計1950万ドル(約21.5億円)を稼ぎ、初登場首位となった。

 8月6日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、スティーヴン・キング原作のSF映画「The Dark Tower(原題)」が推計1950万ドル(約21.5億円)を稼ぎ、初登場首位となった。写真は主演のマシュー・マコノヒー。昨年12月撮影(2017年 ロイター/Danny Moloshok)

トム・テイラー演じる少年ジェイクが夢に導かれて異世界へと入り込み、イドリス・エルバ演じるガンスリンガーと出会う。彼らは世界を救うミッションの下、マシュー・マコノヒー演じる「黒衣の男」など、さまざまな敵と戦うというストーリー。

2位は先週まで2週連続トップだった「ダンケルク」(日本公開9月9日)。フランスでの「ダンケルクの戦い」を描いたクリストファー・ノーラン監督作で、1760万ドルを稼いだ。

3位が絵文字がキャラクターとして登場するアニメ映画「The Emoji Movie」で、興収は1235万ドル。

1967年に実際に起きたデトロイト暴動を描いた作品「Detroit」は予想を大きく下回る730万ドルで8位。先週限定的公開だった分を加えても780万ドルにとどまる。

同作は、2008年公開の「ハート・ロッカー」でアカデミー賞6部門を獲得したキャスリン・ビグロー監督作で、賞レースでの健闘が予想されている。ロッテン・トマトでは96%の高評価を得ている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below