March 26, 2018 / 5:23 AM / 9 months ago

アングル:米銀の資金調達コスト急上昇、世界的なドル調達危機の予兆か

[ロンドン 23日 ロイター] - 米銀行の短期資金調達コストが最近、急激に上昇しており、投資家は、国際市場全体により広範な影響を及ぼすのかどうか注視している。

 3月23日、米銀行の短期資金調達コストが最近、急激に上昇しており、投資家は、国際市場全体により広範な影響を及ぼすのかどうか注視している。写真はワシントンの米議会議事堂近くの像。1月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

期間3カ月のロンドン銀行間取引金利(LIBOR)USD3MFSR=は急ピッチで上昇し、オーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)USD3MOIS=に対するプレミアムは、23日には58ベーシスポイント(bp)に達し、2009年5月以来となる高い水準を記録した。

アナリストは、米国債の発行増加やリパトリが背景との見方を示しており、これまでのところは他の市場への影響は限定的となっている。

スプレッドは、2008年および2011─12年のドル調達危機の先行指標だった。よって、中央銀行が危機時に導入した緩和政策の手じまいに相次いで動く中で、今回のスプレッド拡大も市場全体にかなりの影響の波及をもたらすのではないかと一部のアナリストは考えている。

投資家は、米銀の短期資金調達コストの急上昇が再び、世界的なドル調達危機につながるのかどうか、以下の5点に注目している。

1)ドル以外の通貨の調達コスト

ドルのLIBOR/OISスプレッドが急激にワイド化する半面、ユーロや円、ポンドなど他通貨では、スプレッドの拡大はみられない。

つまり、ドル以外では資金確保を急ぐ動きはないということだ。

フィデリティ・インターナショナルのポートフォリオマネジャー、ティム・フォスター氏は「スプレッド拡大が危機のサインであるならば、ドル以外のスプレッドもワイド化しているはず。実際、前回の金融危機やユーロ圏債務危機時には、こうした現象がみられた」と話す。

一方、アバディーン・スタンダード・インベストメンツのアンドリュー・ミリガン氏は、ドルを借り入れている新興市場、自国通貨をドルにペッグしている新興市場は脆弱になりかねない、と指摘する。

2)為替ヘッジ

ドルの調達を急ぐ動きがまず、如実に表れるのは、機関投資家が外債投資のヘッジに活用することが多い「通貨ベーシス・スワップ」だ。

2008年の金融危機時や、2011─12年のユーロ圏債務危機時には、銀行、中でも米国以外の銀行は、米インターバンク市場から実質的に締め出された結果、ユーロや円の通貨スワップ市場を活用した。

しかし今回は、この市場に資金調達圧力は皆無。これは、規制当局が大手銀行に準備金の積み増しを強制していることや、銀行自身が米国債の発行増をにらみ、ドルを早めに確保していることが背景とされる。

3)欧州企業のドル建て債発行

欧州の企業がドルを確保しようとする際、米マネーマーケットで調達するのではなく、国内でドル建て債を発行するという手段も可能だ。

LIBORが2008年以来の高水準にある中、アナリストは、銀行をはじめとする欧州企業のドル建て債発行が今後増えるとみている。最近ではHSBC(HSBA.L)やドイツのNRW銀がドル建て債を発行した。

4)中銀の政策への影響

ドル調達コストの上昇が続いた場合、金融の状況が引き締まり、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ回数が減少する可能性も出てくる。

ユーロ圏についても同じことが言える。米金融状況の引き締まりが欧州に波及すれば欧州中央銀行(ECB)の出口戦略が遅れかねない。

5)ドル

シティバンクは、ドルLIBOR/OISスプレッドが近年、ドル指数.DXYの先行指標として機能していると指摘。スプレッド拡大は、3カ月のタイムラグを経て、ドル指数の上昇につながるという。

シティは「われわれは依然、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に基づきドル安を予想している。ただ、ドルの流動性逼迫がドル高につながるのであれば、反転もあり得るということになる」とした。

(Dhara Ranasinghe記者、Saikat Chatterjee記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below