July 26, 2019 / 3:04 PM / 5 months ago

米4-6月期GDP、予想ほど減速せず:識者はこうみる

[26日 ロイター] - 米商務省が26日発表した第2・四半期の実質国内総生産(GDP)の速報値(季節調整済み)は年率換算で前期比2.1%増と、予想ほど減速しなかった。市場予想は1.8%増だった。個人消費が急増し、輸出減少や在庫投資の減速による影響を和らげた。市場関係者のコメントは以下の通り。

米商務省が26日発表した第2・四半期の実質国内総生産(GDP)の速報値(季節調整済み)は年率換算で前期比2.1%増と、予想ほど減速しなかった。テネシー州にある自動車工場内のようす。昨年8月撮影(2019年 ロイター/William DeShazer)

<アマースト・ピアポイント証券(コネチカット州)の首席エコノミスト、スティーブン・スタンレー氏>

予想とおおむね一致する結果だった。コアPCE価格指数(の伸び)は予想に届かなかったが、今回のGDP統計は懸念されているほどの景気減速を示すものではなかった。

連邦準備理事会(FRB)は下方リスクが存在するために緩和を実施する。FRBが来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和サイクルに入ると示唆した場合は、サプライズとなる。

FRBは少しずつ歩を進めるとみられる。通商に起因する下方リスクに対応するために、景気支援を実施すると考えている。FRBはインフレが高まり過ぎていると懸念していないため、利下げに対するハードルは低い。

<ウエルズ・ファーゴ証券(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エリック・ネルソン氏>

総じて堅調な内容だった。ただ、極めて力強かったわけではない。

今回のGDP統計で連邦準備理事会(FRB)の路線が変わるとは考えておらず、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp)の利下げが決定されるとの見方は変えていない。

<ナショナル証券(ニューヨーク)の首席市場ストラテジスト、アート・ホーガン氏>

予想よりやや良好な結果となったが、来週に連邦公開市場委員会(FOMC)を控える連邦準備理事会(FRB)の路線を変えるに十分なほどではなかった。

今回のGDP統計は、景気の著しい減速を示すものではなかったと同時に、FRBが路線変更を迫られるほど力強いものでもなかった。景気は減速はしているものの、警戒すべき程度まで減速しているわけではない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below