March 27, 2019 / 5:10 PM / a month ago

米経済、年内は力強く成長 海外要因の影響軽微=CEA委員長

[ワシントン 27日 ロイター] - 米経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は27日、米経済は第2・四半期以降、年末まで極めて力強く成長するとの見方を示した。

ハセット委員長はCNBCに対し「第1・四半期は軟調となっているが、第2・四半期以降、年末まで力強くなるとの見方を変えていない」と述べた。

その上で、「欧州とアジアの勢いについては昨年から状況が変化している」としながらも、海外要因による波及的な影響は軽微にとどまっていると表明。米国の貿易依存度は他の国と比べて低いため、米経済は海外からの経済的な向かい風に対する耐性は強いとの見解を示した。

米債券市場では長短利回りが逆転し、米経済がリセッション(景気後退)入りするのではないかとの懸念が出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below