July 17, 2020 / 3:03 PM / a month ago

米住宅着工、6月は約4年ぶり高い伸び コロナ在宅勤務で郊外の需要増

[ワシントン 17日 ロイター] - 米商務省が17日発表した6月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比17.3%増の118万6000戸と、2016年10月以来の高い伸びを記録した。新型コロナウイルス流行に伴う在宅勤務の浸透で、郊外や地方で住宅需要が高まっている。

7月17日、米商務省が発表した6月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比17.3%増の118万6000戸と、2016年10月以来の高い伸びを記録した。新型コロナウイルス流行に伴う在宅勤務の浸透で、郊外や地方で住宅需要が高まっている。写真は2014年3月、米バージニア州で(2020年 ロイター/Larry Downing)

市場予想は116万9000戸だった。

5月の住宅着工件数は101万1000戸に上方改定された。

しかし、2月に記録した水準を依然24%強下回っている。

6月の着工件数の内訳は、住宅市場の大半を占める一戸建て住宅が17.2%増の83万1000戸。中西部、南部、北東部で増加する一方、西部では減少した。

集合住宅の着工件数も17.5%増の35万5000戸。

6月の住宅着工許可件数は2.1%増の124万1000戸だった。

一戸建て住宅の着工許可件数が11.8%増の83万4000戸となる一方、集合住宅は13.4%減の40万7000戸となった。

ブリーン・キャピタルのシニア経済アドバイザー、コンラッド・デクアドロス氏は「コロナ禍による郊外への流出の流れが長期化すれば、これまでの集合住宅を巡るトレンドは反転する可能性がある」と述べた。

*情報を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below