March 7, 2019 / 10:05 PM / 2 months ago

米家計純資産、第4四半期3.5%減 金額ベースの減少は過去最大

[ワシントン 7日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が7日発表した2018年第4・四半期の家計純資産は104兆3000億ドルと、前四半期の108兆1000億ドル(修正後)から3.5%減少した。株価下落や世界的なボラティリティーの高まりが重しとなった。

減少率は世界的なリセッション(景気後退)のさなかにあった2008年後半以来の大きさ。金額ベースとしては、これまでの記録だった08年第4・四半期の3兆6000億ドルを更新した。

家計債務は15兆6000億ドル。増加率は2.9%。前四半期は3.6%だった。

家計が保有する不動産資産の価値は25兆8800億ドルと、前四半期の25兆5900億ドルから増加。一方、株式の価値は23兆9400億ドルと、前四半期の27兆8200億ドルから減少した。

ただ、株式相場は第4・四半期の下落分を大きく取り戻しており、S&P総合は年初来で約9%上昇している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below