October 16, 2018 / 6:08 PM / a month ago

米鉱工業生産、9月は0.3%上昇 製造業など好調

[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が16日発表した9月の鉱工業生産指数は0.3%上昇し、4カ月連続でプラスとなった。製造業と鉱業が好調だった。

 10月16日、米連邦準備理事会が発表した9月の鉱工業生産指数は0.3%上昇し、4カ月連続でプラスとなった。ペンシルベニア州ハリスバーグで昨年6月撮影(2018年 ロイター)

第3・四半期は前年同期比で年率3.3%上昇。第2・四半期の5.3%上昇から減速した。

FRBは、9月中旬にサウスカロライナ州とノースカロライナ州に大きな被害をもたらしたハリケーン「フローレンス」が同月の鉱工業生産指数を「やや」抑制したと指摘。ハリケーンの統計への影響は「0.1%ポイントより少ない」と試算した。

鉱工業生産指数の内訳は、製造業が0.2%上昇。8月は0.3%上昇していた。製造業のうち自動車は1.7%上昇。全体水準を押し上げた。8月は4.3%上昇していた。一次金属や機械、木製品も上昇した。

米経済の約12%を占める製造業は、堅調な国内経済が下支え要因となっている。ただドル高や世界経済の減速に伴い輸出が抑制される中、勢いは衰えている。

製造業生産は第3・四半期に前年同期比で2.8%上昇。第2・四半期は2.3%上昇していた。

鉱業生産は0.5%上昇。ただ鉱業のうち石油・ガス掘削は3カ月連続で落ち込んだ。8月の鉱業生産は0.4%上昇していた。

電力・ガスの生産は横ばいだった。8月は1.1%上昇していた。

企業がどれだけ十分に設備を稼動しているかを示す設備稼働率は前月と同じく78.1%だった。1972─2017年の平均を1.7%ポイント下回っている。FRBは、経済に内在する需給の緩みを見るために設備稼働率に注目している。

9月の設備稼働率は78.1%と、横ばい。第3・四半期としては78.0%と、前四半期の77.8%から上昇し、2015年第1・四半期以来の高水準となった。

ただ、キャピタル・エコノミクス(ニューヨーク)のシニア米国エコノミスト、マイケル・ピアース氏は「今後はドル高と世界的な経済成長の鈍化が大きな重しとなる」と指摘。「製造業生産は今後は弱含む可能性がある」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below