January 13, 2018 / 12:19 AM / 4 days ago

アングル:米物価連動国債の人気高まる、インフレ上昇見越し

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 世界経済が勢いを増し、原油その他のコモディティ価格が数年ぶりの高値を付けているため、インフレが進むと有利になる米物価連動国債(TIPS)の人気が高まっている。

市場では、主要国の中央銀行が何年も達成できなかった2%のインフレ率が、米国で久々に実現するかもしれないとの見方が広がってきた。そうなればTIPSは今年、通常の米国債よりも高いリターンをもたらしそうだ。

ニュー・センチュリー・アドバイザーズのシニア物価アナリスト、コム・クロッカー氏は「世界同時景気拡大が起こっており、インフレは上昇に向かっている」と言う。

トムソン・ロイター傘下のリッパーの調査によると、3日までの1週間に、TIPSに特化したファンドには4億6550万ドルの資金が流入し、資産総額は過去最大の673億9000万ドルに膨らんだ。

米国では税制改革法の成立により、少なくとも短期的には設備投資や雇用が増えると見込まれており、インフレ率が間もなく上昇し始める可能性がある。

ドルの実効レート.DXYがさらに下がることも予想され、その予想通りなら米国の輸入物価も上昇しそうだ。

一方、ユーロ圏では各地でインフレ率が上昇し始めており、欧州中央銀行(ECB)が9月以降は量的緩和を延長しないとの観測が広がっている。

また、日銀は9日に超長期国債の買い入れを減額し、世界的な債券安の引き金となった。

これらの要因はTIPSの支援材料だが、米国では失業率が17年ぶりの低水準に下がったにもかかわらず、賃金の上昇が加速していないため、もろ手を挙げてTIPSを買う雰囲気にはなっていない。

TIPS買いに歯止めをかけているもう1つの要因が、年初来の世界的な債券安だ。

ただ、一部の投資家はTIPSがさらに上昇すると見込んでいる。通常の10年物米国債US10YTIPS=TWEBと10年物TIPSの利回り格差USBEI10Y=RRは先週、昨年3月以来初めて2%を突破し、11日には2.05%に達した。

この格差は、今後10年間の投資家のインフレ予想を示す指標で、原油などの上昇を背景に昨年6月の1.66%からじりじりと上昇してきた。

米原油先物は11日、1バレル=63ドルを超えて3年ぶりの高値を付けている。

もっとも2012年以来、米国のインフレ率は年初に上向いた後、原油価格の季節的な下落を主因として息切れする傾向があるため、インフレ上昇の持続性には懐疑的な見方もある。

一方、経済環境が好転する中では、株式や社債その他のリスク資産の方がTIPSよりも高いリターンが見込めると指摘するアナリストもいる。

サントラスト・アドバイザリー・サービシズのフィクストインカム責任者、アンドルー・リッチマン氏は「TIPSを少し買い増すことを検討している。債券投資家にとっては悪くない投資先だが、インフレに勝つには株式の方がより良い投資先だ」と述べた。

(Richard Leong記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below