Reuters logo
米11月ISM製造業景気指数、3年ぶり節目の50割れ
2015年12月1日 / 17:07 / 2年後

米11月ISM製造業景気指数、3年ぶり節目の50割れ

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した11月の製造業景気指数は48.6と、予想の50.5を下回り、リセッション(景気後退)の最中にあった2009年6月以来の水準に沈んだ。

 12月1日、11月の米ISM製造業景気指数は3年ぶりに景況拡大と悪化の節目となる50を割り込んだ。写真はミシガン州のフォード・モーター工場。8月撮影。(2015年 ロイター/Rebecca Cook)

また2012年11月以来初めて景況拡大と悪化の節目となる50を割り込んだ。

ISMデータは通常、米経済全般の動向を占う上で試金石とされるが、経済活動への影響は年々低下している。2012年にも50を下回ったが、米経済が再び景気後退入りすることはなかった。

内訳では、 雇用指数が前月の47.6から51.3に上昇し、7月以来の水準をつけた。

一方、新規受注指数は2012年8月以来の水準となる48.9に低下。

価格指数は39から35.5に低下し、市場予想の40を下回った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below