May 1, 2018 / 4:19 PM / a month ago

米ISM製造業景気指数、4月は低下 価格指数は7年ぶり高水準

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した4月の製造業景気指数は57.3と前月の59.3から低下し、市場予想の58.3も下回った。ただトランプ米政権が発動させた鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限措置などを背景とした原材料価格の上昇を反映し、価格指数は上昇した。

4月は18業種のうち17業種で価格が上昇。価格指数は79.3と、前月から1.2ポイント上昇し、2011年4月以来の高水準となった。

原材料費が上昇していることはインフレ圧力が増大している可能性があることを示しており、1日から2日間の日程で連邦公開市場委員会(FOMC)を開催している連邦準備理事会(FRB)当局者はこの点に注目している可能性がある。

ただ雇用指数は54.2と、前月の57.3から低下。ISMは技能労働者の不足などで製造業の生産活動が影響を受けている可能性があるとしている。

新規受注指数も61.2と、前月の61.9から低下した。

ISM製造業調査責任者のティモシー・フィオーレ氏は「需要はなお堅調だが、人材と供給網の面ではまだ苦境が続いている」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below