February 16, 2018 / 5:43 PM / 7 months ago

米1月住宅着工9.7%増、許可件数07年6月以来高水準

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日発表した1月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比9.7%増の132万6000戸だった。

2月16日、1月の米住宅着工件数は前月比9.7%増の132万6000戸だった。写真は2017年4月、サンディエゴで撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

戸数ベースで2016年10月以来、1年3カ月ぶりの高水準だった。市場予想は123万4000戸だった。

17年12月の数字は当初発表の119万2000戸から120万9000戸へ上方改定された。

着工件数の先行指標となる建設許可の件数は7.4%増の139万6000戸となり、戸数ベースで07年6月以来の高水準をつけた。

1月は小売売上高や鉱工業生産が軟調だったものの、住宅着工が堅調だったことで、米経済は引き続き底堅く推移している可能性があることが示唆された。MUFG(ニューヨーク)の首席エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「すべての部門でエンジン全開とはなっていないが、米経済は一段と力強い成長に向けた軌道に戻った」としている。

労働市場の引き締まりを背景に住宅需要は底堅い。ただ住宅ローン金利や住宅価格の上昇は住宅市場の抑制要因となるかもしれない。失業率が17年ぶりの低水準の4.1%である中でも賃金の伸びは3%を超えていない。一方、住宅価格の上昇は17年11月に年率で6%を超えた。 米連邦住宅抵当貸付公社(フレディマック)によると、過去1週間の30年固定住宅ローン金利は平均4.38%と、14年4月以来の高水準をつけた。前週は4.32%だった。物価上昇が不安視される中、住宅ローン金利は米国債利回りに伴い上昇している。

住宅着工件数の内訳は、市場で最も大きなシェアを占める一戸建て住宅が3.7%増の87万7000戸だった。地域別では南部と北東部で増加する一方、中西部と西部で減少した。変動が大きい集合住宅は23.7%増の44万9000戸だった。中でも5戸以上の集合住宅は2016年12月以来の高水準をつけた。

ウエルズ・ファーゴ証券(ノースカロライナ州)のシニアエコノミスト、マーク・ビトナー氏は「建設業者は一戸建て住宅の建設を増加させており、住宅販売が旺盛になる春季に向けて完成物件数は増加していく」との見方を示した。

許可件数の内訳は、一戸建て住宅が1.7%減だった。前日に発表された2月の住宅建設業者指数は高水準を維持した。向こう6ヵ月間の販売指数も上昇した。集合住宅は26.5%増加した。

一戸建て住宅の建設完成件数は2.2%増の85万戸と、08年6月以来の高水準だった。住宅市場における深刻な供給不足はいくぶん解消されるかもしれない。ただ06年の住宅市場ブームと比べると依然として半分の水準だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below