Reuters logo
9月の米労働市場情勢指数は+2.5、前月から伸び拡大
2014年10月6日 / 18:58 / 3年前

9月の米労働市場情勢指数は+2.5、前月から伸び拡大

[ワシントン 6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が6日発表した9月の労働市場情勢指数(LMCI)は2.5ポイント上昇し、8月の2.0ポイント上昇から伸びが拡大した。労働市場の改善傾向を示唆するものとみられる。

 10月6日、9月の米労働市場情勢指数は2.5ポイント上昇し伸びが拡大した。写真はカリフォルニア州の就職フェア会場で3日撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

LMCIは失業率や企業の採用計画など19の指標を基に労働市場全体の健全性を数値化したもので、発表は今回が初めて。FRBは、毎月の雇用統計発表後、最初の営業日の米東部時間午前10時以降に公表するとしている。

FRBの発表は以下の通り。

  9月2.5

  8月2.0

  7月2.7

  6月5.1

  5月6.3

  4月7.1

  3月4.9

  2月3.0

  1月3.0

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below