January 31, 2019 / 11:43 PM / 3 months ago

米失業保険申請、1年4カ月ぶり高水準

 1月31日、米労働省が発表した26日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比5万3000件増の25万3000件と、2017年9月以来、1年4カ月ぶりの高水準となった。NY州で2014年10月撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米労働省が31日発表した26日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比5万3000件増の25万3000件と、2017年9月以来、1年4カ月ぶりの高水準となった。労働市場が鈍化しているとの懸念が浮上する可能性がある。市場予想は21万5000件だった。

前週の申請件数は20万件で、1969年10月以来の低水準だった。

今回の調査期間はキング牧師生誕記念日の祝日が入っている。統計は祝日前後に乱高下する傾向があるものの、申請件数が大幅に増加したことは、雇用の伸びが減速している可能性がある。

また、最近終わった政府の一部閉鎖で一時解雇となった連邦政府以外の職員が失業保険を申請したことを反映した可能性もある。

週ごとの変動をならし情勢をより正確に反映するとされる4週移動平均の失業保険申請件数は5000件増の22万0250件だった。

今回の申請件数は2月1日に発表される1月の雇用統計と調査期間が重なっておらず、関連性はない。1月の雇用統計の市場予想は、景気動向を反映する非農業部門就業者数が前月比16万5000人増。18年12月は31万2000人増加していた。

5週間続いた政府閉鎖は、1月の雇用統計に影響しないとみられる。一時帰休となった職員や無給で働いていた職員は時期をさかのぼって支払われる。ただ失業率は一時的に上昇するとみられる。

失業保険受給者総数は19日までの週で6万9000件増の178万2000件だった。4週移動平均は8000件増の173万7750件。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below