September 20, 2018 / 3:55 PM / 3 months ago

米失業保険申請件数、約49年ぶりの低水準に

[ワシントン 20日 ロイター] - 米労働省が20日発表した15日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比3000件減の20万1000件と、1969年11月以来、約49年ぶりの低水準となった。市場は前週の20万4000件から21万件まで増加するとみていた。労働市場が底堅さを保っていることを示唆する。

労働省によると、ハワイ州のみ推計値だった。

週ごとの変動をならし情勢をより正確に反映するとされる4週移動平均は2250件減の20万5750件と、69年12月以来の低水準だった。

労働市場は最大雇用状態に近いか、最大雇用に達しているとみなされており、今も底堅さは増し続けている。8月の雇用統計では景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数が前月比20万1000人増えたほか、平均時給が前年同月比で約9年ぶりの伸び率に改善した。7月の米求人件数は690万件と、過去最高水準をつけた。

米国と主要な貿易相手国との通商政策を巡る対立を理由に、一部の企業は雇用削減や一時解雇を予定しているとの報告もあるが、鉄鋼産業における雇用増加によって影響は一部相殺されている。

ただエコノミストらは、貿易摩擦がさらに高まった場合、失業が増えると警告する。

2週間以上手当を受けている失業保険受給者の総数は、8日までの週で5万5000件減の164万5000件と、73年8月以来の低水準となった。4週移動平均は2万0750件減の169万1500件と、73年11月以来の低水準だった。

<^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

U.S. weekly jobless claims fall as labor market strength continues [nLNSKKEEKW]

US INSURED UNEMPLOYMENT RATE UNCHANGED AT 1.2 PCT SEP 8 WEEK FROM 1.2 PCT PRIOR WEEK (PREV 1.2 PCT) [nEMNI9I0RZ]

TABLE - U.S. jobless claims fall in latest week [nLLAKKEECT]

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below