September 4, 2018 / 7:44 PM / 19 days ago

米7月建設支出0.1%増、小幅な伸びにとどまる

[ワシントン 4日 ロイター] - 米商務省が4日発表した7月の建設支出(季節調整済み)は、年率換算で前月比0.1%増と、小幅な増加にとどまった。住宅建設や公共部門の建設が増えた一方、民間部門の住宅以外の建設が大幅に減少し、全体の伸びを抑制した。市場予想は0.5%増だった。

6月の数字は当初発表の1.1%減から0.8%減へ上方改定された。

7月の前年同月比は5.8%増だった。

前月比の内訳は、民間部門のうち住宅が0.6%増と、3カ月ぶりにプラスへ転じた。それでも、住宅建設業者らは引き続き、建材コストの上昇や用地・労働力不足が続いていることを指摘しており、全体の基調は弱含んでいる。住宅投資は上半期に減少した。

製造工場や発電所を含む住宅以外の建設は1.0%減と、2017年8月以来の大幅な減少となった。6月は0.1%増だった。

民間部門全体は0.1%減だった。6月は0.5%減少していた。

公共部門は0.7%増と、6月の1.7%減から持ち直した。公共部門のうち連邦政府は2.5%増と、前月の3.0%減から持ち直した。州・地方政府は0.6%増。6月は1.6%減だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below