June 18, 2018 / 11:07 PM / in 5 months

米韓、8月の合同軍事演習中止を決定

 6月18日、米国と韓国は、8月に予定していた合同軍事演習を中止することで合意した。写真は2016年、韓国で撮影。米軍提供(2018年 ロイター)

[ワシントン/ソウル 18日 ロイター] - 米国と韓国は、8月に予定していた合同軍事演習を中止することで合意した。トランプ米大統領は、米朝首脳会談後に合同軍事演習を中止する意向を示していた。

韓国国防省は「韓国と米国は、8月に予定されている乙支フリーダムガーディアン軍事演習に関して、計画している全ての事を保留にすることで合意した」との声明を発表した。

米国防総省も声明で中止を確認した。また国防長官、国務長官、大統領補佐官(国家安全保障担当)が今週、この件について協議すると明らかにした。

国防総省は声明で「トランプ大統領のコミットメントに沿い、また韓国と協力し、米軍は8月の『ウォーゲーム』(フリーダムガーディアン)に向けたすべての計画を中止した」とした。

国防総省のホワイト報道官は「追加対応をとりまとめている。今後のウォーゲームに関する決定はない」と説明した。同省が軍事演習について「ウォーゲーム」という言葉を用いるのはまれで、この表現は北朝鮮国営メディアの報道でより頻繁にみられる。

「乙支フリーダムガーディアン」は、武器や航空機を使った実地訓練というよりは、コンピューターを用いたシュミレーション演習が中心となる。昨年の演習には米軍から1万7500人、韓国軍からは5万人以上が参加した。

トランプ大統領は米朝首脳会談後、合同軍事演習は高い費用がかかる上、「挑発的」だとし、中止する意向を示していた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below