for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベイルートの爆発「攻撃のようだ」、米はレバノン支援=トランプ氏

 8月4日、トランプ米大統領は、レバノンの首都ベイルートで発生した大規模爆発を受け、同国への支援を表明するとともに「攻撃」との見解を示した。写真は現場の動画から抜粋(2020年 ロイター/Tony Wakim)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、レバノンの首都ベイルートで発生した大規模爆発について、攻撃のようだとの見方を示した。

トランプ氏はホワイトハウスでの会見で「米国はレバノンを支援する用意がある。恐ろしい攻撃のようだ」と語った。

また、爆発の様子について質問された際に、米軍当局者の見立てとして「爆弾のようなもの」による攻撃の可能性があると述べた。

レバノン内務相は現時点の情報では、爆発力が極めて高い物質が現場の倉庫に保管されており、それが爆発したとの見方を示している。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up