March 11, 2019 / 6:54 PM / 3 months ago

米燃料輸出、対中通商交渉の切り札の1つ=エネルギー長官

[ワシントン 11日 ロイター] - 米国のペリー・エネルギー長官は11日、液化天然ガス(LNG)を含む化石燃料の輸出が急拡大していることは、中国との通商交渉で1つの切り札となるとの考えを示した。

ペリー長官はCNBCのインタビューに対し、米国の化石燃料の輸出について「(交渉の)けん引役ではないが、力学の一部として常に存在している」とし、「現在、米国は通商協議でこれを極めて有効に利用できる立場にある」と指摘。米国が持つ再生可能エネルギーや小型原子炉に関する技術も、交渉の切り札に利用できるとの考えを示した。

米国のLNG輸出は世界で最も急速に拡大。一方で中国のLNG輸入は世界でも最も速いペースで増加している。

ペリー長官は米国の豊富なエネルギー埋蔵量が持つ力に自信を表明。「インドや中国などの大国の需要を満たすためには、現在進められているプロジェクト以上のものが必要になる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below