March 4, 2019 / 4:24 AM / 17 days ago

コラム:楽天が筆頭株主の米リフト、IPOに期待と不安交錯

[ニューヨーク 1日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 配車サービスの米リフトが新規株式公開(IPO)後にどうなるかは、あらゆる想定が可能だ。

 3月1日、配車サービスの米リフトが新規株式公開(IPO)後にどうなるかは、あらゆる想定が可能だ。写真は2017年、コロラドで同社の採用担当者(2019年 ロイター/Rick Wilking)

1日にナスダックへの上場を申請したリフトの幹部は、IPO時に企業価値が最大250億ドルに達すると期待している。これは直近の資金調達での評価額を70%弱上回る。確かにリフトは大きな市場で急速に成長しているが、直面する課題もまた多い。

リフトは収入を増やす取り組みを進め、昨年の売上高は倍増して22億ドルになった。ただし赤字も膨らみ、9億1100万ドルと2017年から3割強増えた。経営規模がずっと大きいウーバーが過去数年間次々にスキャンダルに見舞われ、それがリフトにとって積極攻勢を仕掛ける大きな要素となり、結果として運転手や利用客の増加につなげることができた。

もっともウーバーの経営は立ち直ってきており、この面で今後リフトが成長するのは容易ではないかもしれない。実際ここ数四半期の利用客の伸びは鈍化している。またリフトは予約手数料における自社の取り分を27%まで高めてきたとはいえ、運転手がより高い報酬を、利用客が料金引き下げをそれぞれ求めれば、そうした水準は維持が困難になるだろう。

リフトの黒字化は一筋縄ではいかないだろうし、まして250億ドル近い企業価値を正当化するような収益力を構築するのは、はるかに難しい。最も明白な対応策は、自動化によって運転手の報酬を減らすことだ。リフトの株式8%を持つゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の自動運転子会社クルーズの幹部は、自動化を通じて市場規模を拡大しながら、1マイル当たりの乗客輸送コストを最大80%減らせるとみている。

しかしこの目標を何社もの伝統的な自動車メーカーやハイテク企業、そして新興企業が追い求めている。その中でリフトが先頭に位置するという保証はない。さらに日々の運転に由来するさまざまな特性がもたらす障害を、安全に克服することがいかに大変であるかも証明されつつある。

一方でリフトの創業者集団は、IPOで議決権に差を付けた2種類の株を発行し、自分たちが保有する方には1株当たり20の議決権を付与することで、新たな株主を経営のかじ取りに引き続き関与させないつもりだ。十数社で構成される金融機関の引き受けグループは、市場の楽観ムードを利用して円滑なIPOを実施できる可能性もある。それでもその先には数多くの落とし穴が待ち受けている。

●背景となるニュース

・リフトは1日、IPOの目論見書を公表した。関係者がロイターに語ったところでは、幹部は上場時の企業価値が200億─250億ドルになると期待している。直近の資金調達における企業価値は150億ドルだった。

・ライバルのウーバーも年内の上場を申請済み。直近の資金調達では760億ドルと評価されている。

・リフトの申請によると、昨年の売上高は倍増して22億ドルになったが、赤字額も3割強増えて9億1100万ドルとなった。売り出す株式数や価格は明らかにしていない。昨年12月末時点の現金および短期流動性の規模はおよそ20億ドル。

・リフトはIPOで議決権が異なる2種類の株式を発行する。1株に1つの議決権があるクラスA株と、1株に20の議決権が付与され、現経営陣が保有することになるクラスB株だ。アルファベット(GOOGL.O)関連会社の持ち分は5%前後、GMが8%前後となっている。リフトの筆頭株主は電子商取引大手の楽天(4755.T)で13%超を保有している。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below