May 9, 2019 / 4:09 PM / 2 months ago

米貿易赤字、3月1.5%増 対中赤字は5年ぶり低水準

[ワシントン 9日 ロイター] - 米商務省が9日発表した3月の貿易赤字は前月比1.5%増の500億200万ドルだった。市場予想は502億ドルだった。トランプ米大統領が掲げる「米国第一主義」政策の中心的な課題である対中貿易赤字は16.2%減の207億4900万ドルと、2014年3月以来の低水準になった。

 5月9日、米商務省が発表した3月の貿易赤字は前月比1.5%増の500億200万ドルだった。ニュージャージー州ニューアークで2017年11月撮影(2019年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

バンク・オブ・ザ・ウエスト(サンフランシスコ)の首席エコノミスト、スコット・アンダーソン氏は「米中が通商協議を本格化させる中、今回の統計で貿易赤字の縮小が確認されたことで、トランプ大統領は関税措置は意図された通りの結果をもたらしたと胸を張るだろう」と述べた。

2月の貿易赤字は全体で492億8500万ドルだった。当初発表の493億8200万ドルから小幅に改定された。

3月はモノの貿易赤字が0.7%増の724億1900万ドルだった。

米国が中国を中心に主要な貿易相手国と通商政策で対立していることから、ここ数カ月は輸出と輸入の数字が乱高下しており、貿易収支が不安定だ。

実質の貿易赤字を示すインフレ調整後のモノの貿易赤字は4億9600万ドル増の820億5400万ドルだった。

対中貿易は、輸入が6.1%減、輸出が23.6%増だった。米国は昨年、2500億ドル規模の中国製品に関税を課し、中国も報復措置として1100億ドル規模の米国製品に関税を課した。またトランプ大統領は5日、2000億ドル規模の中国製品に対する関税を10日に10%から25%に引き上げると発表。ロイターは8日、中国がこれまでの通商協議の合意内容をほぼ全て撤回したと報じた。

メキシコに対する貿易赤字は95億ドルと、過去最大となった。

3月の貿易収支全体の内訳は、モノの輸出が1.4%増の1417億0600万ドルだった。産業用資材と原料や大豆の輸出が増えた。一方、民間航空機は6億9000万ドル減少した。米航空機大手ボーイング(BA.N)が、墜落事故を起こした最新鋭旅客機737MAXの納入を停止したことから、民間航空機の輸出は今後さらに落ち込むとみられる。737MAXは2件の墜落事故を受け、無期限の運航停止となった。

モノの輸入は1.2%増の2141億2500万ドルだった。原油が増えたほか、食品は過去最高となった。産業用資材と原料は23億9700万ドル増だった。一方で消費財は減少。携帯電話・その他の家庭用品が押し下げ要因だった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below