for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野球観戦中に居眠りの米男性、中継でからかわれアナウンサーら提訴

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)ニューヨーク・ヤンキースの試合中に眠っていた観客が、テレビ中継するアナウンサーから「果てしない言葉の攻撃」を受けたのは名誉棄損にあたるとし、球団やアナウンサーらを相手取り、1000万ドル(約10億円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。

ニューヨーク州地裁に提訴したのはアンドリュー・レクター氏。訴状によると、同氏は4月13日に行われたヤンキース対ボストン・レッドソックス戦で、自身の眠っている姿がカメラに映った際、ESPNのアナウンサー2人から「デブ、ばか」などと揶揄(やゆ)された。

レクター氏は「試合は世界中で何百万人もの人が観戦しており、このような言葉による猛攻はスポーツ中継の一線を越えたものだ」と主張している。

ESPNの広報担当者は声明で「そのような発言が放映中になかったことは明白」と反論した。

放映された中継でアナウンサーらは、レクター氏が試合の4回ですでに眠り込んでいることに驚きを表していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up