July 26, 2019 / 2:24 AM / 4 months ago

米ナイキ、人気に陰りのサーフウエア部門の売却も検討=関係筋

 7月25日、米スポーツ用品大手ナイキはサーフウエア部門であるハーレー・インターナショナルについて、売却を含めた選択肢を検討している。写真は3月29日、ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

[25日 ロイター] - 米スポーツ用品大手ナイキ(NKE.N)はサーフウエア部門であるハーレー・インターナショナルについて、売却を含めた選択肢を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

売却する場合にどの程度の金額になるかは明らかではない。この件についてナイキはコメントしなかった。

ナイキは2002年、事業拡大の一環としてハーレーを創業者のボブ・ハーレー氏から買収。買収額は公表されていない。ボブ・ハーレー氏はハーレーを1979年に設立していた。

だが近年、海辺でのライフフタイルや文化に関連した衣料品の人気は低下していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below