Reuters logo
米11月ISM製造業景気指数、低下するも底堅さ保つ
2017年12月1日 / 18:09 / 11日前

米11月ISM製造業景気指数、低下するも底堅さ保つ

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が1日発表した11月の製造業景気指数は58.2と、前月の58.7から低下した。市場予想は58.4だった。

11月は前月から数値が低下したものの、依然として製造業の拡大を示す水準にあるほか、2004年5月以来の高水準をつけた9月の数値を小幅に下回る程度だった。9月はハリケーン被害により供給網が阻害され製造業者の納入に時間がかかったこと、また原材料価格が上昇したことに伴い指数が急上昇していた。

パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、イアン・シェファードソン氏は「(ISMの指標は)生産や輸出、設備投資、雇用の底堅い伸びと一致する内容だ」と述べる。

米連邦準備理事会(FRB)は今月、想定通り利上げを決めるとみられる。

内訳は、雇用指数が59.7と、前月の59.8から低下。11月はアナリストが見込んでいたほど製造業の雇用が底堅くないことを示唆する。新規受注指数は64と、前月の63.4から上昇した。

製造業は米経済の約12%を占める。指数は50を超えると製造業の拡大を、下回ると悪化を示す。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below