October 26, 2018 / 9:13 PM / 24 days ago

ドル下落、米株安が重し=NY市場

[ニューヨーク 26日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米株価下落に歩調を合わせドルが下落した。米株は一時の下げは縮小したものの、マイナス圏で推移。一連の米企業決算が軟調で、賃金および借り入れコストの上昇のほか、関税措置や地政学上の不安定性が企業業績の重しになっていることが示され、株価下落の要因となっている。

 10月26日、ニューヨーク外為市場では、米株価下落に歩調を合わせドルが下落した。ブエノスアイレスで9月撮影(2018年 ロイター/MARCOS BRINDICCI)

マッコーリー・グループのグローバル金利・外為ストラテジスト、ティエリー・ウィズマン氏は「企業決算に対する懸念が払拭されていない」と述べた。

株価下落に歩調を合わせ、主要6通貨に対するドル指数.DXYは一時0.57%下落。終盤の取引では96.43となっている。

ユーロ/ドルEUR=は一時0.71%下落。終盤の取引では1.140ドルとなっている。イタリア予算案を巡る問題が重しとなり、ユーロは月初から1.85%下落している。

米株安を受け円やスイスフランなどの安全通貨に買いが入った。ただ円JPY=は株価の下げ幅縮小に伴い上昇の大部分を失ったほか、スイスフランCHF=も一時8月20日以来の高値を付けた後、午後の取引で失速した。

朝方発表された第3・四半期の米国内総生産(GDP)速報値は、年率換算で前期比3.5%増。市場予想の3.3%増ほどは減速しなかった。ただ変動の大きい食品とエネルギーを除くコア個人消費支出(PCE)価格指数の上昇率は1.6%と、伸びは前四半期の2.1%から鈍化した。

同指数は連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注目。一部市場関係者は、物価指数の伸びの鈍化はFRBが12月の会合で利上げを休止する論拠になる可能性があるとの見方を示している。

ドル/円 NY終値 111.89/111.92

始値 111.93

高値 112.19

安値 111.39

ユーロ/ドル NY終値 1.1401/1.1405

始値 1.1349

高値 1.1420

安値 1.1336

表はロイターデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below