for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米原油在庫が過去最高、ガソリン在庫は11月以来初の減少=EIA

 2月24日、米統計によると、原油在庫が2週連続で過去最高を更新、ガソリン在庫は昨年11月以来初めて減少に転じた。写真はメリーランド州の給油所。昨年2月撮影。(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が24日発表した週間石油在庫統計(2月19日終了週)によると、原油在庫が増加し、2週連続で過去最高を更新した。一方、ガソリン在庫は昨年11月以来初めて減少に転じた。

原油在庫USOILC=ECIは350万バレル増と、アナリスト予想の340万バレル増を小幅上回って増加した。

原油先物・指標原油の受け渡し地点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫USOICC=ECIは33万3000バレル増の6510万バレルと、4週間連続で過去最高を記録した。

製油所の稼働率が低下する中、メキシコ湾岸地域の原油在庫も440万バレル増の2億5560万バレルと、過去最高に達した。

製油所の処理量USOICR=ECIは日量16万3000バレル減、稼働率USOIRU=ECIは1%ポイント低下の87.3%となった。

これまで3州連続で過去最高を記録していたガソリン在庫USOILG=ECIは220万バレル減。予想の100万バレル減を超える減少となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up