October 28, 2015 / 7:17 AM / 4 years ago

米大統領選、支持率で元医師カーソン氏首位 トランプ氏転落

[ワシントン 27日 ロイター] - 27日公表の世論調査結果によると、米大統領選の共和党候補者指名争いで、元神経外科医、ベン・カーソン氏の支持率がトップで、不動産王のドナルド・トランプ氏が6月以来初めて2位に転落した。

ニューヨーク・タイムズとCBSニュースが21━25日、共和党の予備選有権者、575人を対象に調査した。カーソン氏の支持率が26%、トランプ氏は22%の支持を集めた。

トランプ氏支持者の方が、固い決意を抱くことも分かった。トランプ氏支持者の55%が、固く決心したと回答。カーソン氏支持者の8割は、最終的に同氏に投票するかを話すのは時期尚早と答えた。

カーソン、トランプ両氏は、他候補に大きく差をつけた。

3位はマルコ・ルビオ上院議員(支持率8%)、4位にジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事と、米コンピューター大手、ヒューレット・パッカード(HP)(HPQ.N)の元最高経営責任者(CEO)、カーリー・フィオリーナ氏(いずれも7%)が続く。

ランド・ポール、テッド・クルーズ両上院議員や、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事、マイク・ハッカビー元アーカンソー州知事はいずれも4%の支持を集めた。

共和党の各候補は28日夜、討論に臨み、他候補との違いを訴える。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below