September 27, 2018 / 7:42 PM / 2 months ago

第2四半期の米GDP確報値は4.2%増、予想と一致

 9月27日、米商務省が発表した第2・四半期国内総生産(GDP)確報値は、年率換算で前期比4.2%増だった。改定値から変わらなかった。ニュージャージー州ニューアークで昨年11月撮影(2018年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日発表した第2・四半期国内総生産(GDP)確報値は、年率換算で前期比4.2%増だった。改定値から変わらなかった。市場予想と一致した。2014年第3・四半期以来、4年近くぶりの大幅な伸びだ。トランプ政権は年間の伸びを3%にする目標を掲げるが、それを達成する見込みだ。

住宅投資のほか、ガソリンなどの非耐久財が押し上げ要因となる一方で、在庫投資が抑制要因となった。

第1・四半期GDPは2.2%増だった。18年上半期のGDPは3.2%増だった。

第2・四半期は、トランプ政権による1兆5000億ドル規模の減税政策によって年初に停滞した個人消費が活性化し、GDPの押し上げ要因となった。中国の対米輸入関税が発効する前に大豆の輸出が前倒しされ、輸出が拡大したことも追い風となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below