October 3, 2018 / 3:00 PM / 2 months ago

米金利、緩やかに制約的な水準に上昇後は頭打ち=シカゴ連銀総裁

[ロンドン 3日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は3日、米金利は経済に対し緩やかに制約的となる水準まで上昇した後は、当面は頭打ちとなる可能性があるとの考えを示した。

同総裁はロンドンのシンクタンク、OMFIFでの講演後に記者団に対し、「フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を緩やかに制約的な水準まで引き上げ、その後は経済、および景気見通しに調整が見られるまで、比較的無期限でその水準に維持することができる」と指摘。米国の金利が上向きの軌道に乗っていることは極めて明白だとの考えを示した。

また、英国の円滑な欧州連合(EU)離脱交渉は米経済のためにもなるとの見方を表明。米国がメキシコ、およびカナダと通商協定で合意したことは企業にとり先行き不透明感の払しょくとなったとする一方で、中国との通商を巡る状況はより複雑であるようにみえるとの考えも示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below