April 9, 2020 / 11:35 PM / 3 months ago

米大統領、ロシア大統領とサウジ国王と会談

4月9日、トランプ米大統領(写真)は、ロシアのプーチン大統領、サウジアラビアのサルマン国王と良い会談を行ったと表明、石油輸出国機構(OPEC)と他の国から近く合意の発表があるだろうと述べた。ホワイトハウスで7日撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、ロシアのプーチン大統領、サウジアラビアのサルマン国王と良い会談を行ったと表明、石油輸出国機構(OPEC)と他の国から近く合意の発表があるだろうと述べた。

トランプ大統領は「米国の産業がうまくいき、石油産業が今よりも良い状態になるよう、石油生産とOPECについて重要な話をした」と発言。世界中の石油産業で人員が削減されるとの懸念を示した。

同大統領は「OPECは今日会合を開いた。OPECは合意に近づきつつあるといえる。すぐにわかるだろう」と述べた。

OPECとロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は9日、減産で合意。米国をはじめとする他の産油国にも減産への参加を求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below