June 20, 2019 / 11:28 PM / 3 months ago

米上院、サウジへの武器売却阻止を可決 大統領は拒否権発動へ

6月20日、米上院は本会議で、トランプ大統領が計画するサウジアラビアなどへの81億ドル相当の武器売却を阻止する法案を賛成53票、反対45票で可決した。写真はワシントンの米議会。3月撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 20日 ロイター] - 米上院は20日の本会議で、トランプ大統領が計画するサウジアラビアなどへの81億ドル相当の武器売却を阻止する法案を賛成53票、反対45票で可決した。

トランプ大統領は上院の決議に対して拒否権を発動し、武器売却を進める方針を示している。上院が大統領の拒否権を覆すには67票以上の賛成が必要だが、現状では難しいとみられる。

武器売却阻止の法案を支持する民主・共和両党の一部議員は法案について、サウジ人記者ジャマル・カショギ氏が昨年殺害された事件などサウジの人権問題に米政府が不満を抱いているという超党派のメッセージをサウジに送るものだと主張した。

一方、法案に反対の立場を取る共和党上院トップのマコネル院内総務は、米国はイランとの関係が悪化しており、上院が法案を可決すれば最悪の時期に間違ったメッセージを送ることになると訴えていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below