October 22, 2018 / 8:37 PM / a month ago

米、新START更新巡り最終決定しておらず=大統領補佐官

[モスクワ 22日 ロイター] - ロシアを訪問中の米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日、米政府は核軍縮を定めた新戦略兵器削減条約(新START)の更新についてまだ立場を最終的に決めていないと述べた。国営ロシア通信(RIA)が報じた。

新STARTは2021年に期限が切れる。

トランプ米大統領は20日、米国と旧ソ連が1987年に調印した中距離核戦力(INF)廃棄条約から離脱すると表明。これを受け、ロシアのペスコフ大統領報道官はこの日、米国がトランプ大統領の表明通りにINF廃棄条約を破棄した場合、ロシアは米国との軍事力の均衡を回復させるために対抗手段をを取らざるを得なくなると警告している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below