March 6, 2018 / 12:50 AM / 7 months ago

米鉄鋼アルミ関税、世界経済への影響注視=茂木経済財政相

[東京 6日 ロイター] - 茂木敏充経済財政担当相は6日の閣議後記者会見でトランプ米政権が打ち出している鉄鋼・アルミニウムへの関税について、「対象範囲など詳細は明らかになっておらず、今後の米国の対応をしっかり確認したい」とし、「世界経済への影響をしっかり注視したい」と述べた。

 3月6日、茂木敏充経済財政担当相は閣議後記者会見でトランプ米政権が打ち出している鉄鋼・アルミニウムへの関税について、「対象範囲など詳細は明らかになっておらず、今後の米国の対応をしっかり確認したい」とし、「世界経済への影響をしっかり注視したい」と述べた。写真は都内で昨年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

トランプ大統領は、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の輸入関税を課す方針を表明している。

最近の円高・株安傾向について、「金融資本市場の変動による日本の実体経済への影響を引き続き注視する」とコメント。同時に「雇用や消費など経済のファンダメンタルズはしっかりしている」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below