October 19, 2018 / 5:29 PM / a month ago

米鉄鋼・アルミ関税巡るWTO裁定要請が12件に

[ジュネーブ 19日 ロイター] - 米国の鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を巡り、世界貿易機関(WTO)に対し世界各国からこれまでに12件の裁定の要請が寄せられていることが19日、WTO紛争処理小委員会が29日に開く会合の議題一覧で明らかになった。

米国は3月、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の輸入関税措置を発動。これに対し中国、欧州連合(EU)、カナダ、メキシコ、ノルウェー、ロシア、トルコがこれまでに紛争処理パネルの設置を要請した。

米国もまた、カナダ、中国、メキシコ、EUの米国への対抗関税措置に対しWTOに裁定を要請。米国はこれとは別に中国との知的財産権を巡る問題でWTOに裁定を求めている。

ただ、通商問題を巡る世界的な緊張が高まる中、WTOの紛争処理手続きは数年かかる可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below