September 20, 2018 / 7:30 AM / a month ago

情報BOX:米株セクター分類、大幅変更の注目ポイント

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米国株は今週末に1999年以降最も大きな企業セクター分類変更が行われ、24日の取引から適用される。

9月19日、米国株は今週末に1999年以降最も大きな企業セクター分類変更が行われ、24日の取引から適用される。ニューヨーク証券取引所で12日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

当面市場にどのような影響を及ぼすか判断するのは難しいだろうが、セクター変更に伴って一部投資家がポートフォリオの再構築を行う場合、対象銘柄の価格が不安定化する事態に投資家は備えつつある。

また投信の銘柄選別を左右し、パッシブ運用型の上場投資信託(ETF)は資金を配分し直す必要が出てくるかもしれない。

<最も重大な変更点は>

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、世界産業分類基準(GICS)の再編を21日の引け後に実施する予定だ。

つまりフェイスブック(FB.O)、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)、ネットフリックス(NFLX.O)、アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルを総称したいわゆる「FANG」は、従来の「情報技術」には残らない。

フェイスブックとアルファベットは、ツイッター(TWTR.N)とともに「電気通信サービス」を衣替えした「通信サービス」に組み込まれ、既存メンバーのAT&T(T.N)、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ.N)、センチュリーリンク(CTL.N)と合体する。

FANGとともにハイテク株の雄とされるアップル(AAPL.O)は、「情報技術」にとどまり、このセクターにおけるウエートは16%から20%に高まる。

「情報技術」から「通信サービス」に移行する銘柄としては、ペイパル・ホールディングス(PYPL.O)やゲーム会社のエレクトロニック・アーツ(EA.O)、アクティビジョン・ブリザード(ATVI.O)も挙げられる。

ネットフリックスは、「一般消費財」から「通信サービス」に移る。アマゾンは「一般消費財」のままだ。

<なぜ変更するのか>

分類変更は、ハイテクやメディア、消費関連の業界の進化を反映させる狙いがある。

GICSは1999年以降ずっと11セクターを維持し、2016年になって「金融」から「不動産」が分かれて12セクターとなるまで変化してこなかった。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは今回の変更について「GICSにおける通信、メディア、優良インターネット企業の融合と、これらの企業がもたらすサービスの重複を認識するための取り組みだ」と説明している。

UBSは、通信業界は音声通話から、固定回線およびモバイルのブロードバンドデータを動画コンテンツと抱き合わせる方向に軸足が移ったと指摘する。一方で3銘柄しかない従来の「電気通信サービス」のS&P総合500種におけるウエートは2%程度になり、多くの投資家にとっては「単なる付けたし」的な存在になってしまった。

BMOキャピタル・マーケッツのチーフ投資ストラテジスト、ブライアン・ベルスキ氏は、「通信サービス」のウエートが高まり、「情報技術」が下がることで、セクター構成のバランスが良くなると記した。

<投資家はどうポジションを構築するか>

UBSによると、分類変更はハイテク、メディア、消費関連の取引に大きな影響を与えない見通し。「S&PとMSCIが十分に情報を発信し、市場参加者は数カ月かけて変更への準備を整えてきている」という。

有力資産運用会社バンガード・グループは4─6月にセクターETFの修正に乗り出し、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(STT.N)は既に「通信サービス」に連動する新たなファンドを立ち上げた。

また一部のアクティブ運用を手掛けるポートフォリオマネジャーは、分類変更を無視する可能性がある。例えば通信株ファンドのいくつかは、「公益事業」やGICSの分類変更に影響されないその他の指標に連動させているからだ。

フェイスブックが「情報技術」から外れても同社株を保有し続けるハイテク株投信はあるだろうし、一部のファンドはGICSとは別系統の独自のセクター分類を使用している。

CFRAのETF・ミューチュアルファンド調査ディレクター、トッド・ローゼンブルース氏は、運用担当者は自分たちの基準にかなう銘柄を引き続き選びたいと考えているので、GICSの再分類への追随には消極的になるとの見方を示した。

それでもローゼンブルース氏の話では、契約や社内規定などで特定セクターを極端に敬遠できない運用担当者も多い。

同氏は「一部のファンドにとって、通信サービスや情報技術、一般消費財ほどの規模のセクターを大幅にアンダーウエートないしオーバーウエートにすれば厄介なことになる。だからGICS分類変更の結果として入れ替え売買が起きると思う」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below