for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏と議会民主党の勝利、企業収益に若干プラス=GS

米ゴールドマン・サックスは29日、11月の米大統領選挙で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利し、民主党が議会上下両院で過半数を獲得すれば、2024年にかけてS&P総合500種企業の収益が若干押し上げられる要因になるとの見方を示した。ノースカロライナ州シャーロットで23日撮影(2020年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ロンドン 29日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックスは29日、11月の米大統領選挙で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利し、民主党が議会上下両院で過半数を獲得すれば、2024年にかけてS&P総合500種企業の収益が若干押し上げられる要因になるとの見方を示した。

市場では、民主党の勝利は企業収益に対する下押し要因になると見方が大勢で、ゴールドマンの見解はこれに逆行する。

ゴールドマンは「民主党の勝利はS&P総合500種企業の利益に、差し引きで若干のプラスの影響を及ぼす」とし、24年までの基調的な利益見通しを4%上方修正した。

その上で「新型コロナウイルス感染症ワクチンの開発状況、景気回復の足取り、米連邦準備理事会(FRB)の政策が、中期的には選挙結果よりも大きな影響を及ぼす」としながらも、11月の大統領選を巡り現在見られている先行き不透明感が解消することは、株式相場の支援材料になるとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up