for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル決算に注目、発表後は株価変動しやすく=今週の米株市場

 4月22日、25日から始まる週の米株式市場で注目されるのは26日のアップル決算だ。NY証券取引所で3月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 25日から始まる週の米株式市場では、小型株から大型株まで800社以上が決算を発表する予定となっている。中でも注目されるのは26日のアップルAAPL.O決算だ。

アップル株は過去8四半期、決算発表後に平均で4.5%上下している。

このほか、この週にはフェイスブックFB.O、3MMMM.N、マスターカードMA.N、ユナイテッド・テクノロジーズUTX.N、UPSUPS.N、AT&TT.Nが決算を発表する予定。

マイクロソフトMSFT.OとアルファベットGOOGL.Oがともに市場予想を下回る決算を発表したことを受け、ハイテク株指数.SPLRCTは22日に11週間ぶりの大きさとなる下落率を記録した。

一方、S&P総合500種.SPXはほぼ横ばい。今後もタイトなレンジで推移すると見込まれている。

ただ、S&Pの予想PER(株価収益率)は17.8倍で、トムソン・ロイター・データストリームのデータによると、2004年以来の最高水準となっているほか、過去30年の平均である15倍を大きく上回っている。

S&Pは2月に付けた年初来安値から15%強も上昇。約1年前に付けた終値ベースの史上最高値からは2%も離れていない。

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント(シカゴ)のポートフォリオマネジャー、アンドリュー・スリモン氏は「大幅に上昇してきたことを考慮すれば、多少警戒する必要がある」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up