March 31, 2019 / 10:20 PM / 23 days ago

今週の米株式市場は雇用統計など経済指標に注目、逆イールド受け

 3月29日、1日から始まる週の米株式市場では、2月の雇用統計が低調だったほか、米国債利回りが景気後退(リセッション)の前兆を警告していることを受け、経済指標に注目が集まりそうだ。NYSEで先月26日撮影(2019年ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 1日から始まる週の米株式市場では、2月の雇用統計が低調だったほか、米国債利回りが景気後退(リセッション)の前兆を警告していることを受け、経済指標に注目が集まりそうだ。

クレセット・キャピタル・マネジメント(シカゴ)のジャック・アブリン最高投資責任者(CIO)は「投資家は指標に過度に敏感になるだろう。逆イールドは、米国が世界経済の減速に巻き込まれているとの投資家の懸念を示している」と述べた。

多くの投資家は今にも米国がリセッションに陥るとは予想していないが、この楽観論をこの週に発表される指標で確認したいと考えている。発表される指標は小売売上高、製造業活動、耐久財受注、雇用統計など。

マニュライフ(トロント)のマクロ経済戦略部門責任者、フランセス・ドナルド氏は「米消費の悪化が示されれば、市場にとって非常に厳しい状況となる」としつつ、小売売上高と雇用統計は好転すると見込む。前回指標が12─1月の政府機関閉鎖によって弱く出ていたためだ。

エドワード・ジョーンズ(セントルイス)の投資ストラテジスト、ケイト・ワォーン氏は「不安定な日々を想定すべきだ。おそらく、雇用統計が最大の焦点になるだろう。これは2月統計が予想割れとなったことや成長減速に関する全般的な懸念などが要因だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below