August 30, 2017 / 1:20 AM / 5 months ago

「ハービー」の影響で米製油所閉鎖相次ぐ、燃料価格上昇持続か

[ヒューストン 29日 ロイター] - ハリケーン「ハービー」の影響により米テキサス州では製油所の操業停止が相次ぎ、米国内精製能力の16%強に相当する施設が閉鎖される事態となった。

ハービーがメキシコ湾岸に接近したのに伴い主要パイプラインが完全に停止したり輸送調整を開始したため、精製所は供給不足となった。

米国内では日量約300万バレルの精製能力に相当する施設が閉鎖され、閉鎖はさらに増えると見込まれている。一方、施設の再開には1週間以上の期間を要する可能性がある。

メキシコ湾岸地域は米国内精製能力の約半分を占めている。テキサス州の精製能力は日量約560万バレル、ルイジアナ州は330万バレル。

テキサス州の一部では降雨量が4フィートを超え、さらに多くの製油所が閉鎖される見通し。製油所の閉鎖続出とパイプラインの輸送量低迷で、燃料価格は上昇し続けると予想されている。

    関係筋によると、マラソン・ペトロリアム(MPC.N)は29日、ヒューストン地区の製油所2件を洪水を理由に閉鎖。エクソンモービル(XOM.N)もテキサス州東部にあるボーモント製油所(日量36万2300バレル)の施設内に浸水したため操業を停止した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below