December 21, 2017 / 2:20 AM / 6 months ago

焦点:米国債、税制改革法案可決によるスティープ化は一時的か

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米議会上下両院が税制改革法案を可決したことを受け、米国債市場では長期債利回りが急上昇したため、これまで人気を集めていたイールドカーブのフラット化を狙った取引は、一転して窮地に立たされた。

 12月20日、米議会上下両院が税制改革法案を可決したことを受け、米国債市場では長期債利回りが急上昇したため、これまで人気を集めていたイールドカーブのフラット化を狙った取引は、一転して窮地に立たされた。ただ税制改革が本当にインフレを引き起こすか疑わしいことから、足元のスティープ化は一時的だろうと多くの投資家が確信している。写真は米ドル紙幣。シンガポールで6月撮影(2017年 ロイター/Thomas White/Illustration)

ただ税制改革が本当にインフレを引き起こすか疑わしいことから、足元のスティープ化は一時的だろうと多くの投資家が確信している。

フラット化に賭ける取引は、物価が落ち着いているにもかかわらず、米連邦準備理事会(FRB)が政策金利引き上げを続けるとの見方を背景に広がってきた。今週初めには長短利回りスプレッドが10年ぶりの低水準になったほどだ。

ところが税制改革法案の成立が確実になると、財政赤字と連邦債務の拡大が懸念されて長期債が売られ、イールドカーブはスティープ化方向になった。こうした動きについてカナコード・ジェニュイティの資産クラス・ストラテジスト、ブライアン・レイノルズ氏は「利益確定の絶好機だった」と解説した。

実際、20日は10年債利回りが2.5%近くと9カ月ぶりの高水準を記録し、30年債利回りも過去5週間で最も高い約2.87%まで上がった。

一部のアナリストは、税制改革がインフレを起こして長期債の価値を損なうリスクを勘案したタームプレミアムを投資家が要求し、利回り上昇をもたらしたと認めている。

もっとも昨年はスティープ化局面が何度もあっという間に終了した経緯があっただけに、今回もどれぐらい続くかは不明だ。コーナーストーン・マクロのアナリスト陣は20日付ノートに「つまり大幅なタームプレミアムは定常的にはならない傾向がある」と記した。

2年債と10年債の利回りスプレッドは20日午後に63ベーシスポイント(bp)と、19日の60bpから拡大した。とはいえ、今年全体で見ると同スプレッドは63bp近辺で推移している。

<目先は不安定>

いずれはフラット化取引の人気が回復する公算が大きい。物価上昇率は今後も低くなると予想され、米長期債に対する世界的な引き合いが強いからだ。しかし短期的には、投資家が税制改革の影響を探る中で、イールドカーブは方向感がつかめなくなるかもしれない。

カナコードのレイノルズ氏は「目先のイールドカーブの動きを予測するのは難しい。最大の問題は、税制改革を受けて国庫に資金が入ってくるタイミングとその規模だ」と述べた。

パズルの重要なピースの1つは、企業が海外に保有する多額の利益。税制改革には2兆6000億ドルと推定されるこの利益の米国への還流を促す措置が盛り込まれ、財務省は還流に伴う一時的な課税で国庫を潤せる。

レイノルズ氏の試算では、企業がすべての海外利益を本国に戻した場合、来年中に最大で2250億ドルの税収が発生する。そうなると財務省による2年債と3年債の発行が減少し、2019年にかけてイールドカーブのスティープ化が進んでもおかしくないという。

税制改革による企業投資と消費の拡大が、どの程度税収を押し上げ、財政赤字を穴埋めするかも、イールドカーブを左右するもう1つの要素になる。

それでも市場では、減税がもたらす成長へのプラス効果は一時的との見方が支配的で、多くのアナリストはより長い目で見ればフラット化取引が再び幅を利かせると考えている。

モルガン・スタンレーのアナリスト陣は20日付ノートに「われわれはフラット化の流れが来年にかけて継続するとの自信を持ち続けている」と記した。

(Richard Leong記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below