February 20, 2018 / 8:06 PM / 6 months ago

米短期債入札、利回り08年以来の高水準 中期債入札に懸念も

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米財務省が20日に実施した3カ月物と6カ月物の国庫短期証券(TB)入札は最高落札利回りが2008年9月以来の高水準になったほか、調達額がそれぞれ過去最高を記録した。

落札利回りは3カ月物が1.63%、6カ月物が1.82%。調達額は3カ月物が510億ドル、6カ月物が450億ドルだった。

財務省はこのほか1カ月物TBの入札も実施し、利回り1.380%で550億ドルを調達。280億ドルの2年債入札では最高落札利回りが2.255%と、2008年8月以来の高水準となった。

この日の調達額は合わせて1790億ドル。今週予定されている総額2580億ドルの入札の半分以上に相当した。

市場関係者の間では、財務省が21日に行う350億ドルの5年債入札と、22日に行う290億ドルの7年債入札での需要を巡り懸念が出ている。

米中期債は前週、1月の消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことで利上げペースが速まるとの見方が強まり、大きく下落していた。

20日時点で7年債利回りUS7YT=RRは2.817%と、前週付けた約7年ぶり高水準は下回っている。一方、5年債利回りUS5YT=RRは一時、約8年ぶり高水準の2.689%を付けた。

D.A.デービッドソンのフィクストインカム部門バイスプレジデント、マリー・アン・ハーレー氏は「(きょうの)2年債入札が精彩を欠いたことを踏まえると、需要はまばらとなる可能性がある」と話した。

財務省は21日に150億ドルの2年物変動利付債入札も実施する。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below