for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、承認後最短24時間でコロナワクチン接種へ 11月感染者420万人

[ワシントン/ニューヨーク 1日 ロイター] - 米政府の新型コロナウイルスのワクチン開発を加速する「ワープ・スピード作戦」のモンセフ・スラウイ首席顧問は1日、規制当局によるワクチン承認から24時間以内、最長でも36─48時間以内に、医療従事者らへの接種を開始する可能性があると述べた。

12月1日、米政府の新型コロナウイルスのワクチン開発を加速する「ワープ・スピード作戦」のモンセフ・スラウイ首席顧問は規制当局によるワクチン承認から24時間以内、最長でも36─48時間以内に、医療従事者らへの接種を開始する可能性があると述べた。写真は4月20日撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

さらに、年内に2000万人がワクチン接種することを望むとの考えを示した。

米国では11月、新型コロナ新規感染者数が420万人に達した。専門家の提言にもかかわらず、マスク着用を拒否し、ホリデーシーズンに向け人が集まる中、感染者数は前月から倍増超となり、ワクチン早期承認への期待が高まる。

米ファイザーは11月20日に米食品医薬品局(FDA)にコロナワクチンの緊急使用許可を申請。FDAの外部専門家委員会は今月10日に会合を開き、FDAが緊急使用を認めるべきか助言を行う。

米国では米モデルナも11月30日にコロナワクチンの緊急使用許可を申請。モデルナのワクチンの緊急使用許可はファイザーの1週間後に検証される。ファイザーとモデルナのワクチンはともに2回の接種が必要。

スラウイ氏は、米国では来年1月までにファイザーとモデルナのワクチン合わせて毎月6000万─7000万回分が用意できると予想。米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)と英アストラゼネカのワクチンも緊急使用許可が承認されれば、3000万─5000万回分が上乗せされるとした。

さらに、来年初頭までに4種類のワクチンの使用が承認されれば、3─4月までに製造量は毎月1億5000万回分程度に達するとの見通しを示した。

ワープ・スピード作戦の供給・製造・配布を監督するポール・オストロウスキ氏は、米国民全員が6月までにワクチンを接種する見通しとした。

また、米運輸省はこの日、コロナワクチンの「即時の大量輸送」を可能とする態勢を整え、全ての規制上の措置を完了したと明らかにした。

スラウイ氏は、ファイザーのワクチンの緊急使用承認を受け12月半ばにも直ちに出荷を開始するために、ワクチン輸送の「予行演習」がすでに開始されていると表明。米疾病対策センター(CDC)は、約2100万人の医療関係者と約300万人長期療養施設で暮らす人たちを優先的に接種するとしている。

米国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)のナンシー・メソニエ所長はCDCの諮問委員会で、大半の州や地方自治体は最初のワクチン入手後3週間以内に医療従事者の接種が可能になることを期待していると述べた。

同委員会で示されたCDCのプレゼンテーションによると、CDCはコロナワクチンが規制当局に承認されれば、12月末までに約4000万回分が利用可能となり、1週間に500万─1000万回分が供給されると予想している。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up